Author Archive

施術後に湯船に使っても大丈夫?

ムダ毛の処理はプロに任せるのが一番とのことで、脱毛エステなどでお手入れをする人が増えています。エステでは黒い色に反応する光を使った、光脱毛でお手入れを進めて行きます。選択的に毛根だけにダメージを与えられるので、肌への負担が少ない、優しい脱毛が可能なのです。
そんな光脱毛ですが、施術後に湯船につかっても大丈夫なのでしょうか。実は光脱毛とは、毛根を熱処理していく脱毛法なのです。黒い色に反応するので肌に痛みはほとんど感じませんが、毛根は着実に熱処理されているので、肌内部は軽いやけど状態になっています。そんな状態で湯船につかったらどうなるか、容易に想像がつくでしょう。体が温まって血流がよくなり、赤みや発疹などの肌トラブルが現れる可能性が高まるのです。でも一日の疲れはお風呂で癒したいですよね。それならぬるいシャワーを優しくかける程度なら問題ありません。ただし、石鹸を付けてタオルでゴシゴシとこするなどは言語道断です。肌はデリケートになっているので、シャワーをかける程度で我慢しましょう。同じく体を温める行為として、激しい運動や飲酒も当日には控えたい行動です。
つるつるすべすべの美肌になるためにも、こういった決まりはしっかり守るべきです。

施術後の痛みの違いについて

脱毛の施術では、肌を保護するジェルを塗ってから、光を当てることで、
毛を減らしていきます。
この光は、黒い色に反応するので、ムダ毛を効果的に脱毛することができます。

施術後は、お肌を沈静化するトリートメントを塗りますが、
それでもお肌は刺激を受けた状態です。

終わってから、痛みが出ることがありますが、チクチクとした感じは、
毛穴が刺激を受けている状態です。
特に施術を受けた当日は、刺激が残っている状態なので、
症状がでやすいです。
保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やすようにしましょう。
お風呂も湯船に入ることは避けて、
シャワーで済ますなど、お肌をあたためないようにします。
スポンジでゴシゴシこすらないように注意しましょう。

ヒリヒリとした痛みは、お肌が軽いヤケド状態になっていることがあります。
痛みの違いはありますが、こちらも冷やすことで対応できます。
保冷剤や冷やしたタオルを、脱毛をした部位に当てて、
お肌を冷やしていきます。
しかし、冷やしてもヒリヒリした状態が続くようであれば、
お肌のトラブルになっていることが考えられます。
3日経っても状態が変わらないような時は、皮膚科を受診して、
お肌を診察してもらうことが必要になります。

日焼けしても処置できる?

ムダ毛のことで悩んでいるという女性は多いでしょうが、そのことで脱毛を受けてみようと思っている人も多いですよね。
しかし、脱毛を受けるためにはある程度、条件というものが存在していてそれにあわないと脱毛を受けることが出来ないということがあります。
特に現在主流となっている、光脱毛やレーザー脱毛というのは基本的には安全な方法ではありますが、その仕組みから人によっては処置をすることができないということもあります。

まず、これらの脱毛法の仕組みというのは毛根にはメラニンという黒い色素が含まれていて、そこにメラニンに作用しやすい光やレーザーを照射することで毛根だけを破壊する仕組みになっています。
これは黒という色が光を吸収しやすい為に、この方法をとることができるのですが黒に反応するという仕組みであるため、日焼けをしていた場合、肌にも反応をしてしまう可能性があり効果が薄くなってしまったり、最悪の場合やけどを引き起こしてしまう可能性もあるのです。
そのため、日に焼けて肌が黒くなってしまっている人の場合などは、光やレーザーを用いた方法では脱毛をすることが出来ないということになります。
ただし、直接毛根を破壊するニードル脱毛は関係なしに受けることができるようになっています。

処置中に妊娠した場合について

永久脱毛は毛周期に合わせて脱毛をしていきますので、完全に脱毛が終わるまでに数回~数十回通う必要があり、期間も1年以上掛かる場合が多いです。
脱毛サロンへ通う期間が長期間になりますので、処置中に妊娠をしてしまう人もいます。一般的にレーザーや光脱毛は胎児には影響が無いといわれていますが、多くのサロンでは妊娠した場合には処置は一旦中止をする事を勧められます。妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまいますし、その影響で一時的に体毛が多くなる人が多いです。非妊娠時と比べて体の状態が違いますので、妊娠中の毛周期に合わせて脱毛する事はあまり意味がありません。
また、妊娠中はちょっとした環境の変化でも体に異変が起きやすいデリケートな時期ですし、胎児に何か影響があった時の事を考えて大事をとって妊娠中は脱毛をしないサロンが多いです。つわりなどの症状もあり、施術中に気分が悪くなってしまうことも考えられますし、サロンへ通う事も体に負担をかける可能性もあります。
通っているサロンにもよりますが、妊娠中は休憩という事で出産後に同じ契約条件で脱毛を続ける事が出来る所が多いですので、妊娠が発覚したらまずはサロンに相談をしてみましょう。

脱毛時に気になる事について

脱毛は、毛の処理を行いお肌をきれいにするために必要な方法となっています。しっかりと脱毛を行うためには、脱毛サロンや脱毛クリニックで処理を行うことが重要となりますが、自分自身で処理を行い、きれいにする場合もあります。どちらの場合にも脱毛時に発生する問題が存在しています。脱毛を行うためには、レーザーを照射したり、毛抜きによって引き抜く行為が行われることになります。お肌に刺激を与える行為になるため、場合によっては炎症などを起こし、かえって美容に害をなしてしまうこともあります。特に、毛を抜いた後に毛穴周辺が赤くなる場合が多くあり、一時的にお肌がみすぼらしい状態になってしまうことも起こります。このような状態が起こった場合には、しっかりとしたスキンケアを行い、お肌の回復を早める必要があります。保湿クリームや美容液を使ったお手入れがよく利用されることになりますが、炎症が進んで症状が悪化している場合には、病院で治療を受けることも重要となります。このように、脱毛に当たっては、サロンか自宅かに関わらず、自分でしっかりとスキンケアを行える状態を作っておくことが必要です。サロンの場合には、そのようなサービスを含めたコースを利用することもできます。

掛け持ちは可能?

現在脱毛サロンでおこなわれている施術法の主流はフラッシュと呼ばれる光を肌に照射し、毛の再生能力を失わせるものです。この脱毛法の場合、ヘアサイクルと呼ばれる毛の成長周期にあわせて、同じ部位の処理を数回行います。エステサロンを掛け持ちすることは自体は可能で、法的にも何の問題もなく、中にはのりかえ特典などのキャンペーンを行っているサロンもあります。キャンペーン価格などの格安プランの併用も可能です。全く別の部位の処理であればどちらの脱毛スケジュールにも影響がなく比較的簡単です。同じかあるいは隣接する部位の場合、可能であっても処理後あまりに短い期間に通ってしまうと休眠中の毛が伸びていないため黒いものにのみ反応する光の効果がなく、かえって熱のために肌を傷めてしまいます。最低でも2か月程の間隔をあけてから利用をし、前回までの処理内容をできるだけ詳しく説明をしておくことで最適なスケジュールを組めるだけでなく、肌への負荷も最小限で抑える事が出来ます。それぞれサロンの予約の取りやすさも考慮に入れておけば、間が空きすぎることがありません。導入している脱毛器はサロンによって違うので、効果の出方に差がある場合もあります。

適した服装とは

脱毛の際に適した服装は、着替えやすい服装です。脱毛のサロンなどに行くと、ガウンなどが用意されていて着替えることになるからです。どうせ着替えるのであれば、どんな服装でもいいと思う方がおられるかもしれません。しかしそうではないのです。着替えやすいことと、その他にも注意するべきことがあるのです。まず、脱毛の施術を受けた肌というのはとても敏感になっているものです。見た目にはわかりにくいものですが、軽い日焼けや軽いやけどをしたのと同じような状態になっているのです。そのため、普段では全く気にならないような服のこすれであっても、脱毛の後というのはとても大きな刺激になってしまうのです。大きな刺激になってしまうと、肌が赤くなってしまったり痒くなってしまったりとトラブルがいろいろと起きてしまうのです。そのようなことにならないためにも、できるだけ柔らかい素材の服をきて行くのがいいとされているのです。脚の脱毛であれば、マキシ丈のスカートやワイドパンツがいいのです。また、肌の刺激になってしまうのは服のこすれだけではありません。紫外線も肌に刺激を与えてしまうため、柔らかい素材のカーディガンなどを羽織って行かれることをおすすめします。

回数は何回が妥当?

ムダ毛処理はクリニックやエステサロンを利用すると、確実に毛の量を減らすことができますし、完了後は自己処理の手間もなくなります。
今の脱毛は光脱毛、レーザー脱毛の時代となり、広範囲も短時間に処理ができるようになりました。

そして、これらの施術は一度だけではなく、毛周期に合わせて何度も行っていく必要があります。

それゆえに何回ぐらいの回数を利用するのが妥当なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この場合も毛の量や質には個人差がありますので、一概に何回とは言えないものもあります。
早期に効果を感じられるという方もあれば、何度か施術を繰り返していても、あまり毛の量が減らないという場合もあります。
そして、脱毛する部位によっても効果の出方には差があります。

さらにレーザーを選ぶか、光を選ぶかでも変わってきます。同じような処理ですが、出力が違い、より出力の高いレーザーのほうが早く結果が出る傾向があります。

個人差があるものの4回ぐらいするとかなり毛が目立たなくなり、6回ぐらいで終了できる方も多いようです。

脱毛前のカウンセリングでは毛質や肌質がチェックされ、大体どれぐらいで効果が出るのかを教えてもらうことができます。

脱毛の処置について

脱毛処理には時間がかかるもので、処理期間中にもまばらな毛が生えてきたり、毛穴の汚れを放置しておくのはつらいと言えます。
処理をしている期間中は、除毛のみが可能です。
除毛は毛根については影響を与えないようにして、肌の上に出た毛だけを処理することを言います。
カミソリなどでシェービングすることや、除毛クリームを使って処置することになります。
毛が生える仕組みには毛の生え変わるサイクルがあり、そのことについて理解しておく必要があります。
毛は成長期や退行期、休止期を繰り返して生える仕組みになっていますので、やみくもに毛抜きなどで毛を抜く行為は危険です。
処理を行っている期間中としては、肌に負担のかからないシェーバーなどを利用すると良いです。
顔専用のシェーバーなどを使うことによって、皮膚へのダメージを抑えることができます。
処置をした後の1週間から2週間程度の間は、肌へのダメージが強く残っている期間ですので、カミソリなどで強い刺激を与えてしまうと、炎症が起きてしまったり色素沈着のリスクが大きくなってしまいます。
シェーバーであれば肌に優しいので、カミソリほどの表皮を削ることにはなりませんのでダメージを少なく抑えることができます。