日焼けしても処置できる?

ムダ毛のことで悩んでいるという女性は多いでしょうが、そのことで脱毛を受けてみようと思っている人も多いですよね。
しかし、脱毛を受けるためにはある程度、条件というものが存在していてそれにあわないと脱毛を受けることが出来ないということがあります。
特に現在主流となっている、光脱毛やレーザー脱毛というのは基本的には安全な方法ではありますが、その仕組みから人によっては処置をすることができないということもあります。

まず、これらの脱毛法の仕組みというのは毛根にはメラニンという黒い色素が含まれていて、そこにメラニンに作用しやすい光やレーザーを照射することで毛根だけを破壊する仕組みになっています。
これは黒という色が光を吸収しやすい為に、この方法をとることができるのですが黒に反応するという仕組みであるため、日焼けをしていた場合、肌にも反応をしてしまう可能性があり効果が薄くなってしまったり、最悪の場合やけどを引き起こしてしまう可能性もあるのです。
そのため、日に焼けて肌が黒くなってしまっている人の場合などは、光やレーザーを用いた方法では脱毛をすることが出来ないということになります。
ただし、直接毛根を破壊するニードル脱毛は関係なしに受けることができるようになっています。

Comments are closed.